2012年04月01日

PTA規約細則の一部変更



PTA規約細則の一部変更



3月1日の年度末総会におきまして報告致しました、規約細則の一部変更につきまして
ご連絡致します。


(改定後)

細則第2のイ  常置委員及び学年委員の中から10名
{補足}イ 選挙管理委員会並びに指名委員の発足は、例年9月以降とし、
      発足後速やかにその旨を告示する。

運営委員会での選出を次のように改める

指名委員会の選出は、広報、保健厚生、成人教育、地区委員より1名ずつ選出。
1年、2年学年委員から3名ずつ選出する。

年度末総会1.jpg


宗像病院
posted by なんちゅうPTA at 22:45| 神奈川 ☀| PTA規約/細則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

南足柄中学校PTA規約・細則

《規約》

    第1章 名称及び事務所
第1条 本会は南足柄中学校PTAといい、事務局を南足柄中学校内に置く。

    第2章 目的と活動
第2条 本会は保護者と教職員が協力して家庭と学校及び地域社会における生徒の健全な成長を図ることを目的とする。
第3条 前条の目的を完遂するために次の活動をする。
    1 よい保護者よい教職員になるように努める。
    2 家庭と学校の連携を緊密にして生徒の生活をよりよいものにする。
    3 学校及び地域の教育環境整備を図る。
    4 地域における社会教育の振興に協力する。
    
    第3章 方針
第4条 本会は教育を本旨とする民主団体として次の方針にしたがって活動する。
    1 本会は教育問題について討議し、教育活動を支援する。ただし、学校の管理・人事に干渉しない。また、他教育諸団体及び機関と協力する。
    2 本会はその名のもとに営利的、政治的、宗教的その他本会の事業以外の活動をもとにする団体及びその事業にいかなる関係をもってはならない。
    
    第4章 会員
第5条 本会の会員となることのできるものは次のとおりである。
    1 南足柄中学校に在籍する生徒の保護者。
    2 南足柄中学校に勤務する教職員。
    3 本会の主旨に賛同するもの。(但し入会は運営委員会で決める)
第6条 本会の会員は総会において定められた一定の会費を納めるものとする。
第7条 会員はすべて平等の義務と権利を有する。
第8条 本会員は南足柄市、神奈川県及び全国PTA連絡協議会の会員となる。

    第5章 経理
第9条 本会の活動に要する経費は会費およびその他の収入によって支弁される。
第10条 本会の経理は総会において議決された予算に基づいて行われる。
第11条 本会の決算は会計監査を経て総会で承認を得なければならない。
第12条 本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
    第6章 役員
第13条 本会の役員は次のとおりである。
    1 会 長 1名 保護者
    2 副会長 3名 保護者から2名、教職員から1名
    3 書 記 2名 保護者、教職員から各1名
    4 会 計 2名 保護者、教職員から各1名
 役員は他の役員、会計監査委員及び選挙管理委員並びに候補者指名委員を兼ねることができない。
第14条 役員は総会に出席した会員の無記名投票により選出することを本旨とする。但し、教職員は除く。
第15条 1 役員の任期は1年とする。ただし再任を妨げない。
    2 役員は引き続いて他の役員に選任されることができる。
第16条 会長は次の職務を行う。
    1 この会を代表し、会務を統括する。
    2 総会、運営委員会及び臨時委員会を招集し、総会を除く会議の議長となる。
第17条 副会長は会長を補佐し、会長が不在の時にその職務を代行する。
第18条 書記は次の職務を行う。
    1 総会及び運営委員会の議事並びに本会の活動に関する事項を記録する。
    2 記録通信その他の書類を保管する。
    3 会長の支持に従って本会の庶務を行う。
第19条 会計は次の職務を行う。
    1 総会が決定した予算に基づいて一切の会計事務を処理する。
    2 会計監査委員の監査を経た決算を報告する。
    3 本会の財産を管理する。
    4 予算の立案について協力する。
    第7章 会計監査委員
第20条 本会の経理を監査するため3名の会計監査委員を置く。
第21条 会計監査委員は総会に出席した会員の無記名投票によって選出するを本旨とする。
第22条 会計監査委員は必要に応じ臨時会計監査を行うことができる。
第23条 会計監査委員の任期は1年とする。但し再任は妨げない。

    第8章 選挙管理委員
第24条 役員及び会計監査委員の選挙に関する事務を処理する時には3名の選挙管理委員を置く。
第25条 選挙管理委員は運営委員会において選出する。
第26条 選挙管理委員はその任務を終了したときに解任される。

    第9章 候補者指名委員会
第27条 役員、会計監査委員の候補者を指名するときには、役員・会計監査委員候補者指名委員会を置く。(以下指名委員会という)
第28条 指名委員会の委員の数と選出の方法は細則で定める。
第29条 指名委員会の委員はその任務を終了したときに解任される。
    
    第10章 総会
第30条 総会は全会員をもって構成され、本会の最高決議機関である。
第31条 総会は定期総会と臨時総会とする。
    1 定期総会は年度始めと年度末に開催する。
    2 臨時総会は運営委員会が必要と認めた時または会員の1/10以上の要求があった時に開催する。
第32条 総会は会員の現在数の1/5以上の出席を得なければ議事を開き議決することができない。
第33条 総会の議事は出席者の過半数で決める。

    第11章 運営委員会
第34条 運営委員会は役員、常置委員会及び臨時委員会の各委員長、各学年委員長、校長をもって構成され、役員、会計監査委員、指名委員会、選挙管理委員の権限以外の事務を処理し、かつ常置委員会の連絡調整を図り総会に提出する議案を調整する。
第35条 運営委員会は会長が必要と認めた時または構成委員の1/4以上の要求があった時に開催する。
第36条 運営委員会は委員の現在数の1/2以上出席しなければ議事を開き議決することができない。
第37条 運営委員会の議事は出席者の過半数によって決する。
    
    第12章 常置委員会及び臨時委員会
第38条 1 本会の活動に必要な事項について調査、研究、立案するために常置委員会を置く。
    2 常置委員会について必要な事項は細則で定める。
第39条 特別な事項について必要がある時には臨時委員会を設けることができる。
    
    第13章 細則
第40条 1 本会の運営に関し必要な細則は本規約に反しない限りにおいて運営委員会の議決を経て定める。
    2 運営委員会は細則を制定又は改廃した場合には総会において、その結果を報告しなければならない。

    第14章 改正
第41条 規約は総会において出席者の2/3以上の賛成によって改正することができる。但し改正の提案は総会の5日前にその内容を全会員に通告しておく。


    附則 本規約は昭和43年3月22日より施行する。
       昭和56年 4月27日 一部改正
       昭和60年 4月30日 一部改正
       平成 4年 3月 5日 一部改正
       平成 6年 4月26日 一部改正
       平成13年 4月20日 一部改正
       平成14年 4月19日 一部改正
       平成16年 10月8日 一部改正

----------------------------------------------------------------------------------------------


《細則》

    第1章 役員及び会計監査委員並びに選挙管理委員の選挙及び就任
第1条 役員、会計監査委員並びに選挙管理委員の選挙及び就任は次のとおり行われる。
    1 選挙管理委員会は、選挙に関する一切の事務を行う。
    2 指名委員会は、次の方法によって選出された12名の委員をもって構成し、運営委員会において選出する。但し、学年委員会は学年委員から選出する。
     イ 常置委員の中から10名
     ロ 教職員の中から2名
    3 指名委員会は、役員、会計監査委員の候補者並びに選挙管理委員になることはできない。但し教職員を除く。
    4 指名委員会は、各役員、会計監査委員の候補者をあらかじめ当人の同意を得て指名し、決まり次第その旨を選挙管理委員会に届ける。
    5 役員、会計監査委員の候補者は、指名委員会が行う指名以外にも、会員が直接立候補することができる。但し、立候補者は公示日より2週間の間にその旨を選挙管理委員会に届出ることとする。
    6 定員以上の候補者がない場合は、投票による選挙は省く。
    7 役員及び会計監査委員の任期は、4月1日から翌年の3月31日までとする。
   (補則)
     イ 選挙管理委員会並びに指名委員会の発足は、例年10月初旬とし、発足後速やかにその旨を告示する。
     ロ 各学年及び地区会の委員の選出は毎年11月以降に行うものとする。
第2条 会長に欠員を生じたときは副会長のうち1名を運営委員会に於いて昇格させる。任期は前任者の残任期間とする。
第3条 会長以外に欠員を生じたときは運営委員会がこれを補充する。任期は前任者の残任期間とする。

    第2章 総会
第4条 会員の異動の報告並びに年間計画及び新年度収支予算の審議決定は年度始め総会で行う。
第5条 年間活動報告と収支決算報告の承認及び新役員の選出は年度末総会で行う。

    第3章 常置委員会及び臨時委員会
第6条 常置委員会として広報委員会、保健厚生委員会、成人教育委員会、学年委員会、地区委員会を置く。
第7条 広報委員会
    1 本会の主旨の解明につとめ、会員によりよく理解するようにつとめる。
    2 会員相互の連携と親睦を図る。
    3 他の各種委員会の活動に全員をして協力するようにつとめる。
    4 地域に対して学校・PTA活動の内容を提供する。
第8条 保健厚生委員会
    1 会員並びに生徒の福利厚生をはかる。
    2 学校給食に関する調査・研究・提言をはかり、食教育の充実に資する。
    3 学校内外の安全に関することに取り組み生徒が安全に過ごせることに努める。
第9条 成人教育委員会
    1 全会員がより保護者、よい教職員となるようにみずから高める。
    2 地域社会に対し本会の教育的な催しに参加する機会をつくる。
第10条 学年委員会
    1 各学年の教育環境をあげるよう諸計画の立案実践に協力する。
    2 生徒の進路に万全を期するため必要な協力をする。
第11条 地区委員会
    1 地区委員会は各地区1名の代表にて構成する。
    2 地区会の代表として地区活動の援助と指導をする。
    3 地域活動との連携強化をはかる。
    
    第4章 各学年及び地区会
第12条 1 各学年会は、各学年の会員およびその学年の担任をもって構成する。
    2 各学年会は、各学級から委員2名(以下学級委員という)を選出し、各学年委員会を構成する。各学年委員会は、委員長、副委員長各1名を互選する。
    3 各学年委員会の委員長、副委員長は常置委員会委員とする。
第13条 1 地区会は、その地区の会員をもって構成する。
    2 地区会は、保護者2名の地区委員を選出する。(そのうち1名は地区委員会委員をつとめる)但し必要のある場合は運営委員会の承認により増減をすることができる。
    3 地区委員は常置委員会委員となる。

    第5章 改正
第14条 本細則は運営委員会において構成委員の2/3以上の賛成がなければ改正することができない。改正の結果は時期総会にて報告しなければならない。



    附則 本細則は昭和46年3月22日より施行する。
       昭和53年11月14日 一部改正
       昭和55年 4月28日 一部改正
       昭和57年 4月26日 一部改正
       平成 4年 3月 5日 一部改正
       平成 6年 2月28日 一部改正
       平成 9年 3月 6日 一部改正
       平成13年 4月20日 一部改正
       平成14年 2月13日 一部改正
       平成15年 3月19日 一部改正
       平成16年 9月13日 一部改正



規定・その他
1 会員及び生徒が死亡したときは、金五千円の香料を贈り弔意を表す。

    この規定は昭和59年2月29日より実施する。
         平成16年7月15日より実施する。
posted by なんちゅうPTA at 11:49| PTA規約/細則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。