2011年02月05日

H22年度 市P連研修大会 〜 レモンさんの ”PTAに元気を! 学校にビタミンを!” 〜

レモンさん講演会20110205 018.jpg


平成22年度 南足柄市PTA連絡協議会 研修大会 が開催されました。
スタッフとして、そして一人の昭和生まれの保護者として、レモンさんの講演を聴かせて頂きました。

日時:平成23年2月5日(土) 13:00〜16:00
場所:南足柄市中部公民館
研修大会次第:
 1)開講式  古怒田会長あいさつ
        来賓あいさつ
 2)講師紹介
 3)講演 演題「PTAに元気を! 学校にビタミンを!」
      講師 ラジオDJ 山本シュウさん (レモンさん)
 4)閉会

レモンさん講演会20110205 007.jpg

皆さん、山本シュウさん(レモンさん)をご存じでしたか?
スタッフとして、岩小の上甲会長と一緒に講師のレモンさんを小田原駅まで送迎する役をすることを急遽前日に聞いて、申し訳ないですが一夜漬けで「レモンさん」の情報収集をさせて頂きました。どうしてもレモンさんが中部公民館で講演をする絵が、自分の頭の中で描けずに緊張した状態で当日を迎えました。

念入りなリハーサルを短時間で行い、スタップ一同各自責任を持って対応できたこと、今年の市P連のメンバーがそれぞれ得意分野を生かして積極的に行動できたこと。これもレモンさんが気持ちの良い緊張感とパワーを私たちに与えてくれた事によって生まれた物であると感謝しています。

レモンさん講演会20110205 008.jpgレモンさん講演会20110205 014.jpg

講演にて印象に残った事は
(1) 心は心を引き寄せる:愛は愛を生むが、憎悪は憎悪しか残さない。
お互いに心を開いて、心のパイプを通しコミュニケーションをとること、諦めずに自分のできる範囲で継続的に!
(2) 昭和のチップ:時代は流れ、今は平成の時代です。自分が子供のころを思い出して、自分の親の価値観と意見が合わなかったこと、これは経験も違うのだから仕方が無いはずなのに、そして親は全て正しいと考えていること(矛盾な部分も持っているのに)。もう自分の心に埋め込まれた昭和のチップは有効期限切れですよ。新しい今をしっかり捉え、子供達の事を理解してあげましょう。学校で戦ってきた子供を家庭でしっかりと抱きしめてあげましょう。辛いのは親ではなく、子供達です。
(3) We are シンセキ!:最近は自分の事しか考えない人が増えている。こんな大変な世の中に生きているみんなはお互いに助け合って生きて行く必要がある。これも自分のできるレベルで良いのです。

まだまだ、沢山の事をシュウさんは私達に話してくれました。有難うございました。


レモンさん講演会20110205 016.jpgレモンさん講演会20110205 020.jpg


講演後、シュウさんは参加された皆さんと出口にて握手をしてくれました。


携帯メールで今日の講演会に参加された南中PTAメンバーから頂いた感想は、今日の講演で気付いた事、自分に当てはまる事は沢山ありました。この事を参考にして家に帰って子供へ接したら、なんだか今までより子供の受け答えが優しくなった気がする。Oh ドラマチック!で乗り越える勇気をもらったとのことです。シュウさん、有難う!!
そして、今年の市P連の皆さん、ご苦労様でした。
とっても心地よい経験ができました。

レモンさん講演会20110205 023.jpg

「こぼれ話」
 実は講演前の昼食は会場近くの「Y庵」にて、シュウさんと二人で食べたのですが、我南中PTA本部役員の御二方と遭遇してしまいました。昼食時のシュウさんと講演でのシュウさんの印象は違ったようです。次回の運営委員会にて感想聞きたいな。

レモンさん講演会20110205 025.jpg


三橋サッカー




posted by なんちゅうPTA at 23:24| 神奈川 | 市P連・県P協・日P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。