2010年11月12日

南足柄地区青少年健全育成会 講演会

秋も深まり、紅葉の季節になりました。

風邪も流行り始めていますが、皆さんは大丈夫でしょうか。
私は先日、インフルエンザの予防接種を打ってきました。

青少年健全育成会の平成22年度講演会に出席してきましたので、
概要を報告します。

青少年育成会講演会 001.jpg

日時:平成22年11月11日(木) 19:00-20:30
場所:南足柄市女性センター会議室1・2

内容
1)開会のことば

2)会長あいさつ
   加藤会長から  市内には育成会が6団体あること
             学生の喫煙、市内の様子など

3)来賓あいさつと紹介

4)講演と質疑
 
  「成長期のスポーツ傷害」
    荻野 哲夫 先生
    おぎの整形外科・歯科/足柄上医師会副会長


青少年育成会講演会 002.jpg

 ・最近の子どもは骨が折れやすと言われていますが、栄養は昔に比べて摂取しており、
  どうも外で遊ぶ子供が減って運動能力が低下し、回避できなくなっている。
 ・成長軟骨を傷めると治りにくい。
 ・子どもは使い過ぎによる「野球肘」や「オスグットシュラッター病」などにかかり易い。
 ・子どもの筋肉は大人に比べ硬いので、ストレッチなどの準備運動が大切。
  ・荻野先生は箱根駅伝や丹沢湖マラソンに医師として協力されています。
 ・筋トレは高校生からが好ましい。
 ・大人で大事なことは @筋力を維持 A体重は増やさない 
 ・温感と冷感シップについて:トウガラシ系とメンソール系の違いだけで、氷とお湯の違いではない。
 
 5)閉会のことば


荻野先生の講演で一番参考になった言葉は
 「指導者や親が頑張り過ぎて、勝利への強いこだわりを持ち、子どもに無理をさせて
  いないでしょうか? 
  選手として大成するのはもっと後で良いのではないでしょうか。」
 そうですよね。とても身に浸みました。有難うございました。



三橋サッカー





 

 

    
posted by なんちゅうPTA at 22:12| 神奈川 | 各種研修会・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。